FC2ブログ

猫のワクチン接種

  • 2016/09/07(水) 21:07:11

先日のムギのワクチンによる体調不良。
今まではネコを飼う上では当然で何の疑いもなく不安もなくみんなに接種していました。
 
確かにどの病院でも接種後に
 「今日は静かに過ごすように」「様子を見るように」等々を言われます。
その通りに接種した日は暴れさせずに過ごしてはいましたが、
多少は大人しくしているな~?くらいで心配までは。。。

今回、ムギの事で初めてワクチンの副作用を調べました。
当たり前にしていたワクチンですが
副作用には本当は怖いものもあるのだと知りました。
接種後の異変は小さいものでも見落としてはいけない!
楽観していてはいけないケースもあるのだと。


ムギの場合。
前日まですこぶる元気で食欲大盛でしたので何の不安もなくワクチン接種しました。
食欲減退も嘔吐も数ヶ月に1度程度はある事なので様子見をしてしまいました。
下痢も。。。これは膵炎なのか?やっぱりワクチンの副作用なのか?見分けられないです。
そして下痢も嘔吐も続くわけでもなく、いつものように持ちなおしたか!とも。
以外に元気もあったので病院に行くまでに1週間経ってしまいました。
今回は幸いにも発熱はなく食事も摂らないわけではなかったので大事には至りませんでした。

しかし、昨年も接種後に元気がなくなっている事を
もう少し踏まえて接種するべきだったと後悔してます。
(言い訳ですが、昨年は翌日には普通に戻っていたので)
先生も接種前に副作用を抑える注射もあるが。。。ムギには勧められないとも。
一見は健康そうな子ですが、いろいろある子でもあるので。

私の至らなさでムギには辛い1週間を過ごさせてしまいました。
最近は体重もアズキと変わらなくなり体型も丸くなり健康猫になった!
なんて勝手に思っちゃっていたのかもしれません。
やっぱりムギの体の中は繊細でか弱い部分が多いんだと。



今回、ムギが先生に「これからは3年に1度くらいで」と言われた件ですが。
先生曰く。
日本の製薬会社は毎年の接種を推奨しているが、
アメリカ等では大人になれば3年に1度など数年に1度程度で良いとされているとか。
先生はどちらが正解とは言えないが、
今回ムギちゃんはワクチンが合わない事が判明したので間を空けるのも良いかと。
とはいえ、次回に副作用が出ないとは限らないので注意は必要とも。




本当に今回の事でワクチンって?って。
ある程度の感染症を防ぐ為には必要ですが、ワクチンで他の部分が悪くなるって。。。

ムギが特殊かといえば、そうではないと言えます。
病院でも確認はしてくれますが、
接種する日の体調だったり病院に着いてから怖すぎて不調になったりもあるのでね。
特に子猫ちゃんは死に至るケースもあるようなので
生後2ヶ月で1回目とかもちゃんと体調を見とかないと。

健康な他の子達もワクチン接種後も変化に気を付けないと。
モカはもうシニア世代ですから尚更です。
猫を飼い始めて20年以上ですが、改めて考えさせられました。
接種しないという決断も必要なんだと。


ちょっとナーバスかもしれませんが、
小さな身体のネコ達ですから、
それに家族ですから。
考えます。




最後まで読んでいただきありがとうございました。
ポッチとは無しで。





スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する