シマコとの突然のお別れ。。。。

  • 2017/04/22(土) 14:10:08

本日は曇り空
気温は平年並みというけれど。。。
それまでが夏日が多すぎて少し肌寒く感じる。

今日は外ネコの手術予約日
いざ捕獲!!の気持ちで行くと逃げられるので。
いつもの朝と同じ行動を、
外ネコの食器を集めてお昼の時の準備とお水の入れ替え。
すると結構みんなも普通に出て来てくれた
キャリーバックは前日からテラスに準備してまして。

手術とは関係ない子をモフモフしていると。。。
いつもは警戒するシマコが近寄って来た
そのままキャリーバックに誘導してお尻押してIN

160907_shima.jpg
これは昨年の秋頃。


9時には家を出て病院へ
今回もムギさんが同行
4月は犬のワクチンなどで混み混み。
1時間近く待って診察室へ。
シマコは妊娠中である事と鼻炎?である事を伝えて預けました。

ムギは前回同様に黒ニキビを消毒してもらい、
いつもの薬を処方してもらい終了。
帰宅は10時半過ぎてましたね。


そして。。。
11時50分頃に私のスマホが鳴りました
画面が『○○動物病院』と
シマコが心肺停止状態になったと
すぐに来てもらえれば人工呼吸の状態で会えると。。。
兄貴に話、即行くことに。

手術室の台で口に管を入れられて院長先生に心臓マッサージをしてもらっているシマコが
10分以上もマッサージを続けてくれた先生。
でも助かる見込みは無いと。。。終わりにしてもらいました
1時間前には、か細くでも鳴いていたシマコが。。。

手術前段階での心肺停止でした。
麻酔までは正常だったそうで。。。
その後の鎮痛剤投与だったかな?それでアナフィラキシーショックのようです。
(もう気が動転していて何を投与だったか覚えてないです)

院長先生は何度も「助けてあげられなくて申し訳ないです」と。
私もシマコに「ごめんね。ごめんね」と何度も口にしてました
最後はキレイにしてもらい鼻の穴とかに詰め物してもらい
包むバスタオルまでいただきました。
治療代はと聞くと
「助けてあげられなかったので結構です。これくらいしかしてあげられなくてすみません」と。
本当に野良ちゃんに優しい病院です。


家に帰り。。。庭に埋葬しました。
「シマコ。本当にごめんね。最後に嫌な思いさせちゃったね。ごめんね」

20170317_sima.jpg
約1ヶ月前のシマコです。
この頃には妊娠してたのかな?
これが最後の写真となりました。

今年も悲しい別れが。。。
シマコの柄がちょっとミルク似なので車中でシマコを撫でながら。。。
ミルクの時を思い出しました。
今日は涙が止まりそうにありません。
シマコに申し訳ない気持ちでいっぱいです。


朝はやっとシマコを捕獲出来てホッとしていたのに。。。
本日は突然の悲しいお知らせになってしまいました。

マロ子猫がいるのでそのご報告をするかもしれませんが、
また少し休むかもしれません。





毎回の事ですがヨロシクお願いします。


ペット(猫) ブログランキングへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村






スポンサーサイト